読書」カテゴリーアーカイブ

ビートたけし「フランス座」を読んで

前回読んだビートたけしの本に続き掲題の最新作があるのを知って、借りて読んだ。たけ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

ビートたけし「ゴンちゃん、またね。」を読んで

ビートたけしの最新作を読んだ。超売れっ子タレントで派手好みの型破りな印象が強いが … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

鴻池留衣「ジャップ・ン・ロール・ヒーロー」を読んで

第160回芥川賞候補作で最後に残った作品を読んだ。実は年初めに読み始めて途中放棄 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

古市憲寿「平成くん、さようなら」を読んで

今般の芥川賞候補作のひとつである題記の本を読んだ。作者は今、テレビのコメンテータ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

森見登美彦「熱帯」を読んで

今般の直木賞候補作の中で最後に残った作品を読んだ。現実離れしたファンタジー小説の … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

深緑野分「ベルリンは晴れているか」を読んで

これまた第160回直木賞候補の中の一つを読んだ。不思議な小説だ。日本人作家なのに … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

今村翔吾「童の神」を読んで

第160回直木賞候補の中の一つ、「童の神」を読んだ。平安時代中期の伝説をもとに安 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

垣根涼介「信長の原理」を読んで

今般の第160回直木賞候補の一つである題記の本を読んだ。織田信長の生涯を秀吉や光 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

砂川文次「戦場のレビヤタン」を読んで

文芸雑誌に収録された第160回芥川賞候補作のひとつである題記の本を読んだ。他の芥 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

高山羽根子「居た場所」を読んで

季刊の雑誌から第160回芥川賞候補作のひとつである題記の本を読んだ。比較的平凡な … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする