読書」カテゴリーアーカイブ

エリザベス・ストラウト「何があってもおかしくない」を読んで

前回、日本を代表する文豪の一人で短編の名手、芥川龍之介のミステリを編集した本を読 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

第160回芥川賞・直木賞は..

恒例の芥川賞と直木賞ですが、160回の最終選考とその発表がいよいよ、今週7月17 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

芥川龍之介「幻想ミステリ傑作集『魔術』」を読んで

本書は評論家の長山靖生が芥川の作品の中から幻想ミステリの切り口で選んで後書きした … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

日野東「信州探検隊」を読んで

題記の本を読んだ。と言っても、いつもの読書対象である文芸書ではなく雑誌の範疇だ。 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

柏井壽「海近旅館」を読んで

読みやすく、数日のうちに読めた。昔懐かし風の旅館がホテル全盛の現代で、悪戦苦闘し … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

池内紀「湯けむり行脚」を読んで

著者は日本のドイツ文学者で、温泉博士とも呼ばれてこれまで全国津々浦々の名湯秘湯を … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

阿部智里「発現」を読んで

活字が大きく、すぐ読めた。でもそれだけのことで、あまり印象に残らなかった。売れっ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

フランシス・ハーディング「嘘の木」を読んで

前回と同じ作家の作品を読んだ。前回の本は図書館の新刊コーナーにあったが、今回は新 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

フランシス・ハーディング「カッコーの歌」を読んで

先月末、ネット上で図書館の新刊情報を見ていて英国幻想文学大賞受賞作でまだ誰も借り … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

ビートたけし「フランス座」を読んで

前回読んだビートたけしの本に続き掲題の最新作があるのを知って、借りて読んだ。たけ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする