読書」カテゴリーアーカイブ

今村翔吾「童の神」を読んで

第160回直木賞候補の中の一つ、「童の神」を読んだ。平安時代中期の伝説をもとに安 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

垣根涼介「信長の原理」を読んで

今般の第160回直木賞候補の一つである題記の本を読んだ。織田信長の生涯を秀吉や光 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

砂川文次「戦場のレビヤタン」を読んで

文芸雑誌に収録された第160回芥川賞候補作のひとつである題記の本を読んだ。他の芥 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

高山羽根子「居た場所」を読んで

季刊の雑誌から第160回芥川賞候補作のひとつである題記の本を読んだ。比較的平凡な … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

真藤順丈「宝島」を読んで

今話題の第160回直木賞受賞作を読んだ。沖縄の戦後から返還まで20数年の若者たち … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

町屋良平「1R(ラウンド)1分34秒」を読んで

先日に引続き、第160回芥川賞受賞作のもうひとつを読んだ。題名からボクシングを連 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

上田岳弘「ニムロッド」を読んで

1/16発表の第160回芥川賞受賞作のひとつを読んだ。仮想通貨「ビットコイン」に … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

司馬遼太郎「竜馬がゆく」を読んで

この1ヶ月ほどで題記の本を読んだ。その前が「翔ぶが如く」で、これが司馬遼太郎の晩 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

第160回芥川賞・直木賞決定

本日、各受賞作の発表がありました。芥川賞が2作、直木賞が1作で以下の赤枠の作品で … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

司馬遼太郎「竜馬がゆく」を読みつつ..

題記の本を読んでいることをお話ししましたが、全集物の全3巻構成の中でおよそ9割方 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする