読書」カテゴリーアーカイブ

薬丸岳「天使のナイフ」を読んで

ひょんなことから薬丸岳のデビュー作を読んだ。今、封切りの映画「友罪」の原作者で、 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

星野智幸「焔」を読んで

星野智幸は新潮新人賞など幾つかの文学賞の選考委員なので名前はよく耳にするが、おそ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

ユッシ・エーズラ・オールスン「特捜部Q 吊された少女」を読んで

このところ読書に集中できずペースが上がらずにグズグズと読み過ごし、この1冊を読む … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

ユッシ・エーズラ・オールスン「特捜部Q 自撮りする女たち」を読んで

掲題の「特捜部Qシリーズ」最新作を読んだ。シリーズの7作目だが、実は第6作を飛ば … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

宮部みゆき「この世の春」を読んで

宮部みゆきの最新作を読んだ。と言っても発刊は昨年2017年8月で、図書館の蔵書と … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

J.A.オールスン「特捜部Q 知りすぎたマルコ」を読んで

シリーズ、第5作目を読んだ。相変わらずの長編ながら途中からはハマりだして、いつも … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | 2件のコメント

カズオ・イシグロ「日の名残り」を読んで

ご存知、昨年のノーベル文学賞作家で彼の出世作となった題記の本を読んだ。名家の執事 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | 2件のコメント

藤崎彩織「ふたご」を読んで

2017年度下期の直木賞候補の一つだった題記の作品を読んだ。バンド「SEKAI … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

門井慶喜「銀河鉄道の父」を読んで

2017年度下期の直木賞受賞作を読んだ。本の帯には「国民作家・宮沢賢治を父の視点 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

若竹千佐子「おらおらでひとりでいぐも」を読んで

掲題は2017年下期の芥川賞受賞作の一つで、収録された文芸誌を通じて読んだ。独特 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする