読書」カテゴリーアーカイブ

米澤穂信「黒牢城」を読んで

本年1月に実施された直木賞の候補作である題記の作品を読んだ。4章立ての前後にプロ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

今村省吾「塞王の楯」を読んで

今般の直木賞受賞作を読んだ。ページ総数552の長編で分厚く、読むのに10日ほどか … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

羽田圭介「滅私」を読んで

羽田圭介の新刊を読んだ。物を持たない主義のミニマリストの物語。何でもかんでも捨て … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

彩瀬まる「新しい星」を読んで

先般の直木賞候補作である題記の本を読んだ。学生時代のクラブで知り合った男女4人の … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

石田夏穂「我が友、スミス」を読んで

本年1月に実施された第166回芥川賞の候補作である題記の作品を雑誌を通じて読んだ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

乗代雄介「皆のあらばしり」を読んで

先月実施された第166回芥川賞の候補作である題記の作品を雑誌を通じて読んだ。本作 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

砂川文次「ブラックボックス」を読んで

昨日、第166回芥川賞受賞作の発表があって、題記の作品が受賞しました。図書館から … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

島口大樹「オン・ザ・プラネット」を読んで

今般の第166回芥川賞候補作の一つで題記の作品を雑誌を通じて読んだ。筆者は新進気 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

上田岳弘「旅のない」を読んで

「ニムロッド」で芥川賞を受賞した著者の最新作を読んだ。4編から構成された短編集で … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

島田雅彦「スーパーエンジェル」を読んで

図書館の新刊コーナーにあった題記の本を読んだ。この筆者の本を読むのは初めてで、容 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする