読書」カテゴリーアーカイブ

米澤穂信「Iの悲劇」を読んで

ミステリー作家で注目を浴びる米澤穂信の最新作を読んだ。無人化した僻地の再生として … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

横山秀夫「ノースライト」を読んで

横山秀夫と言えば推理作家で「半落ち」や「64」の映画化でも有名だ。「64」から6 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

昨今の図書館は..

長野県では緊急事態宣言が解除されて、1週間ほど経ちました。本日、久しぶりに図書館 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

黒川博行「桃源」を読んで

筆者の作品を読むのは今回が3作目で、2014年以来のおよそ6年ぶりだ。確かその年 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

宮部みゆき「黒武御神火御殿」を読んで

宮部みゆきの題記の本を読んだ。「三島屋変調百物語」シリーズの第6巻目だが、本シリ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

逢坂剛「平蔵の首」を読んで

このところ読み進めてきた「平蔵シリーズ」、全4巻で最後に題記の第1巻を読んだ。巧 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

逢坂剛「闇の平蔵」を読んで

今、ハマっている平蔵シリーズの3冊目を読んだ。読んだ順は最新の第4作、第2作につ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

逢坂剛「平蔵狩り」を読んで

「平蔵」は筆者の短編連作のシリーズ物で、最近読んだ4作目の最新作に魅せられて、過 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

穂高健一「広島藩の志士」を読んで

本書は幕末の広島藩の動向を記したもので、芸州広島藩の記録である「藝藩志」の史実を … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

逢坂剛「平蔵の母」を読んで

掲題の本は鬼平犯科帳で知られた長谷川平蔵の活躍を描いた6篇からなる捕物帳だ。平蔵 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする