読書」カテゴリーアーカイブ

第162回芥川賞・直木賞、受賞作発表

本日、各受賞作の発表がありました。芥川賞が古川真人の「背高泡立草(せいたかあわだ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

呉勝浩「スワン」を読んで

明日、発表予定の直木賞にノミネートされた題記の本を読んだ。サスペンスやミステリー … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

木村友佑「幼子の聖戦」を読んで

今回の芥川賞候補作で最後の5作品目を読んだ。分かりやすい文章で取っ付きやすく、お … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

高尾長良「音に聞く」を読んで

今回の芥川賞候補作で4作品目を読んだ。とても難しい内容で、斜め読みした程度では中 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

古河真人「背高泡立草」を読んで

題記の芥川賞候補作を読んだ。これで3冊目で、この作家は2年半前にもノミネートされ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

そろそろ芥川賞・直木賞発表

このところ読書に励んでいます。理由の一つが題記の芥川賞・直木賞の発表が次週に迫っ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

千葉雅也「デッドライン」を読んで

何の予備知識も前評判も無縁にして、題記の芥川賞候補作を読んだ。大学院生の卒論の期 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

乗代雄介「最高の任務」を読んで

最新の芥川賞候補作の中の一つを読んだ。候補作品はいつもながら読書感想を書くのが難 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

角田光代 他「もの書く人のかたわらには、いつも猫がいた」を読んで

掲題の本、と言うよりか写真を中心としたインタビュー&エッセイ集なるものを読んだ。 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

第162回芥川賞・直木賞候補の発表

本日、題記の件で発表がありました。芥川賞、直木賞ともノミネートは各5作品です。こ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする