一気に涼しくなりました

今日は全国的に気温が下がり、秋の気配を感じた1日でした。右の画像は安曇野・穂高の今日の気象データです。朝の最低気温が17℃、最高気温も24.4℃と、9月中旬並みの陽気です。夜半に入って気温は更に下がり、今現在は14℃台です。明朝はもっと下がるので、まるで暖房が必要なほどです。つい昨日まで暑かったのが嘘のようで、この先どうなるのでしょうか。まあ、いずれ暑さが戻り、またぞろ厳しい残暑が予想されます。できるだけ、猛暑日の再来はご遠慮願いたいと思っているのですが..。

 

カテゴリー: 挨拶 | コメントする

島本理生「ファーストラブ」を読んで

先月に発表のあった2018年度上期の直木賞受賞作を読んだ。女性作家のタッチが色濃く出ていて、心理描写もクドクドと冗長で面白くなかった。個人的には直木賞作の出来栄えとしては近年の中でかなり低いと思った。父親殺しの事件後、裁判に至る過程を描いた小説だが、もっとテンポよく、少しはサプライズがあって然るべきところ、山場がなくありきたりの結末だった。受賞作として期待していただけに、余計面白く感じなかったのかも知れない。

カテゴリー: 読書 | コメントする

お盆休みは富山と岐阜へ

しばらくブログをお休みして、お盆休みに富山と岐阜を周遊してきました。帰省で子供が帰っていて、急きょ泊りがけで出かけることにしたのです。いつもの左廻りで北は新潟の糸魚川から富山に入り、富山から岐阜、そして奥飛騨の安房峠を廻って帰ってきました。富山県では初めて宇奈月温泉のトロッコに乗りました。自転車並のスピードながら何とものんびりとした旅情が味わえました。岐阜では高山の街歩きをして、人混みの多さと夏の酷暑を存分に体感しました。でも、賑わいにはエネルギーがあっていいですね。富山の夜も暑かったです。午後10時を廻っても気温は28℃以上あり、ここでも熱帯夜の凄さに気後れしました。安曇野に戻り、朝晩の過ごしやすさに一安心しています。でも、ここも暑い、今年はどうなっているのでしょう!

カテゴリー: 小さな旅 | コメントする

安曇野・穂高2018年夏 気象データ

世間はお盆休みに入りました。今日は幾分、暑さが和らいだようです。そこで、この夏の安曇野・穂高の夏の気象データをネットで調べて、自分なりにExcelでグラフ化してみました。下図をご覧ください。範囲は7月15日から本日、8月11日までの4週間分です。今年は確かに暑い年であることが一目瞭然で分かります。4週、28日間で猛暑日は過半数の15日もありました。そして雨量も極端に少なく、昨日にまとまった雨が降りましたが、例年の1/4以下です。こうも異常気象だと庭も畑も大変で、庭の芝は例年になく元気がなくて茶褐色に枯れた部分もだいぶあります。本日の最高気温が30.2℃で、やっと平年並となりました。30年の平均では最高気温が8/3,4,5の31.4℃がピークなので、これからどんどん涼しくなってくれることを祈っています。

カテゴリー: 挨拶 | コメントする

昔し懐かし、支那そば屋

昨日に引き続いてのお店紹介です。今回はラーメン屋で、昔ながらの支那そばです。お店の名は「ゑびすや」、安曇野市明科の国道19号線沿いにあります。ここを知ったのはうちのオバはんからの口コミ情報で、マニア好みの店と言った感じです。本業は製麺所のようで、麺にはこだわりがあるようです。支那そば屋とあって、ナルトやお麩そしてシナチクと昔、懐かしの味でした。レトロぽい店構えですが、中は意外と広く人の出入りもかなりあります。お昼時を過ぎて行くと麺切れの完売となったり、結構な人気店です。今風のラーメンに飽きた方はどうぞ、お召し上がりください。私にとって、昭和を想い出すような店でした。

カテゴリー: 施設・お店 | コメントする

ナポリピッツァ、TASUKU

暑い夏、毎日がこう暑いと食もほそるのですが、酷暑の時こそスタミナをつけて暑さを吹き飛ばしたいものです。と言うことで、今日明日のブログは最近出かけたお店の紹介にしました。今日の紹介はピザを中心としたイタリアンで、安曇野市内の堀金にある「TASUKU」と言うお店です。5年ほど前に古民家を改装してオープンしたらしく、1年ほど前に噂を聞いて時として出かけています。店の売りは石釜で焼くピザが人気で、今回はランチにピザセットを頼みました。厨房奥に見える石釜は赤々と燃えて酷暑も何のそのと言った感じでした。うちのオバはんはスパゲティのセットです。ピザセットは前菜、ピザ、ドリンクで1,000円とリーズナブルです。私はサラダの代わりに冷製スープにしました。写真のごとく結構ボリュームもあって、オバはんのスパとシェアしながら美味しくいただきました。店の雰囲気も良くコストパフォーマンスは良好です。ランチとディナータイムがありますが、週末は結構混むので予約した方が良さそうです。

カテゴリー: 施設・お店 | コメントする

Dreamweaver から WordPress(その1)

題記のタイトルを見て何のことか直ぐお分かりになった人は相当マニアックな方だと思います。下の画像はWebに関連した書籍で、左の2冊が最近発刊されて、これを図書館から借りて半月が過ぎました。3冊ともWebページを作るための解説書ですが、最近になってWeb技術のベースが今どうなっているか興味本位に調べることにしました。と言うのも私のホームページはDreamweaverと言うアプリを使い、このブログはWordPressと言うアプリを日々使っているのです。普段、何気なく使っているアプリですが、実はあまり深いところまでは知らずじまいです。まず左の2冊をパラパラと見ると、入門書なのになかなか難関なのです。かつては読めば理解できたはずの入門書さえおぼつかなくなってしまいました。これではいけないと、今日は更に難解な専門書を買ってみようと松本の丸善に行って購入したのが一番右の本です。実は以前からお目当だった本を購入しようと店の椅子に座ってこ1時間、中身をじっくり見たものの全くのチンプンカンプンで、下中央の入門書との中間レベルにあるこの本を選びました。しばらくは頭の体操で脳の活性化が図れるか、はたまた無用の長物(分厚い600頁)になるか微妙なところです。今日、読んでいて驚いたことは、

  • 2017年現在、世界中のWebサイトの28%がWordPressで作られていると言うデータがある。
  • Webサイトを作るのにHTMLタグで書くのは時代遅れ、今はCMS(コンテンツマネージメントシステム)で作る時代で、CMSでの最大シェアを持っているのがWordPress。

WordPressはフリーのアプリですが、登場から10年ほどであっという間に世界を席巻したのに驚愕しました。WWWの代名詞であるHTML構文のホームページは今や時代遅れとはなんと言うことでしょう。そのレガシーアプリの代表格、何十年もの歴史のあるDreamweaverは今や過去の産物となってしまったのでしょうか。まだ、Dreamweaverの新刊が続々出てきているのに何とも悩ましい次第です。

カテゴリー: IT/PC/HP関連 | コメントする

堪能した枝豆

今年のブログでガーデニングのカテゴリー投稿はめっきり減りました。何せ、今シーズンはうちのオバはんの手伝いで畑に出ることがめっぽう減り、ブログネタにすることの後ろめたさを感じたりもします。例年ではうちの野菜と言っていたのが、今年は「うちのオバはんの野菜」と名称も改まりました。そんな中でも食べることだけは例年のごとくです。このところ大変お世話になったのが枝豆で、ここ半月ほぼ毎日食卓にあがりました。そして今や全てがなくなり、今日が枝豆、最後の晩餐です。よーく食べました。味も格別で、明日からは食べれなくなると思うと一抹の寂しさを感じます。オバはんの野菜たちと言うとキュウリ、ナス、ミニトマトはまだ健在で、暑い夏の補給源はかろうじて維持していますが、いずれどうなりますやら..。まあ、オバはんには最大限の感謝です。

カテゴリー: ガーデニング | コメントする

桂歌丸「座布団一枚!」を読んで

先日、他界した桂歌丸の著作物が図書館のコーナーに陳列されていて、その中の1冊を借りて読んだ。筆者自らの半生を綴った自叙伝は10年ほど前に発刊されたものだった。テレビ番組「笑点」に長きにわたり出演していて、メディアを通してそれなりのイメージを持っていたが、この本を読んで今までの先入観から解き放されご本人の全体像がつかめた感がした。苦労人であり、真面目で努力を怠らず、終生勉学に励んでいたこと、なるほど落語界の大御所となる所以がうなずける。とても読みやすく書かれた体験話には様々なしくじりや挫折があったり秘話も随所に出てきて、読むに飽きない。落語家人生の数々のエピソードに、思わず引き込まれてしまう1冊だった。

カテゴリー: 読書 | コメントする

上田市塩田平、信濃デッサン館

先日、7/21に出向いた上田市の「無言館」への訪問時、近くにある「信濃デッサン館」は今春で閉館し、アンコール特別開館には先走って見れずじまいでした。今日はうちのオバはんが泊まりがけで留守していて、満を持して羽を伸ばしてきました。自宅から一般道で約1時間半、念願の信濃デッサン館への訪問です。なかなか良かったです。展示数や会場の広さは別館を含めた「無言館」の半分ほどでしたが、充実していました。無言館が無名画家のコレクションに比べて、こちらは大正期の天才画家の作品、デッサンを中心とした小作品ながら洗練されていました。絵画なる物、古さを感じさせないですね、生き生きとしていました。昨日が大正時代の登山の話し、そして今日は大正の香り高い映像に時空を超えた興奮を覚えました。このデッサン館、39年の歴史に幕を下ろして今年閉館したのですが、不採算の事情はあるもののとても残念な気がします。今日の入門時には中高生の団体はじめ多くの人で賑わっていましたが、こ1時間で誰もいなくなり盛衰の移ろいをこの1時間で味わった心地がしました。休憩用の椅子があれば、半日いても飽きない感じで、8月20日までの特別開館のみが惜しまれる気がしました。

カテゴリー: 施設・お店 | コメントする