車検時の代車に乗って..

昨日、1泊2日で車の車検に出しました。翌日夕刻までの丸2日に渡るので、その間の代車として三菱「ekクロススペース」と言う代車をお借りしました。昨年の春にモデルチェンジしたこの代車は2ヶ月前に登録されて、まだ500kmほどしか走っていない新車でした。この車の数あるYouTube動画の中から面白そうなものを選んで、右上の画像にリンクを貼りましたので、まずはこの車の概要をご覧ください。さてこの車を試乗してみて驚きました。軽なのに室内が広く特に天井の高いこと、今乗っているアウトランダーよりも車高が8cmも高い178cmもありサンバイザーまで手を伸ばすのに、そしてリアシートに手を届かせるのも億劫なほどです。視界も普通車のSUVとなんら変わらないと言うか、それ以上ののびのび感を感じました。この2日間、ワクワクドキドキ感で走り廻り自分なりに面白かった点をひろうと、

  • 排気量は650cc、パワーは64馬力ながら、Hybridのモーターアシストで加速はキビキビと軽い車重と相まってフットワークは良好です。
  • フロアシフトはDドライブに加えて、Dsのスポーツモードがあって、7速ギアのオートシフトをパワフルに駆動できて快適です。加えてハンドルにはパドルシフトが備わっていて、まるでスポーツカー感覚でした。
  • 安全走行のためのアシスト機能では、衝突被害軽減ブレーキやレーダーで先行車との車間距離を保って自動追従したり簡易ハンドリングするクルーズコントロールがあるようです。
  • エンジン音は比較的に静かで、乗り心地は軽自動車とは思えない普通車並みでした。辛口のうちのオバはんは今乗っている車よりもうるさく、乗り心地はキビキビすぎてフワフワした不安定感があるとの弁です。確かにこの車は車重が1t以下、今乗っているのは2tとの違いなのでしょう。

まあ、軽自動車も進化しました。ただ、今回の車は全車種Hybridでフル装備すると、何と270万円にもなるのだそうです。軽も様変わりしました。以下の写真は本日のドライブで撮った中からのものです。やあ、楽しかった!

カテゴリー: | コメントする

2回目の車検

今日は車の2回目の車検に出しました。丸5年が経過しようとしていて、その間の走行距離がどうであったかExcelでグラフ化してみました。その結果が、下の図です。5年間の総走行距離は84,000kmほどで、総平均では年間16,800km相当を走ったことになります。月別に集計していますが、特にシーズンでこれと言った傾向はないものの、秋が比較的に走行距離が伸びているようです。年次では最初の3ヵ年が18,000kmレベルで、この2年間は15,000kmを割りました。でも、まあコロナ下の昨年でも結構、走ったものだと感じています。燃費なども気になるところですが、今日は以下のグラフ作りに追われてしまいました。また、今日はディーラーから代車をお借りして試乗したところ面白く、結構乗り回してしまいました。その感想は後日に..。

カテゴリー: | コメントする

真冬日、過去問題(その3)

昨日、各地の気象データをExcelシートに格納しました。本日はこのファイルを元に、真冬日にまつわるデータ集計をしました。どんな切り口で作表しようか迷ったのですが、まずは以下の表形式で作成しました。縦軸に各地域、横軸には過去の最低気温、過去の最高気温の最小値、そして真冬日の1シーズンあたりの平均日数です。何ぶん結構な腕力がいって、まだ誤り等があるか検証していませんが、とりあえず本日のブログとして投稿しました。感想として、

  • 信州は近隣の県よりも寒く、真冬日にかなりの差があるようです。
  • 首都圏の東京と横浜も過去に真冬日がそれぞれ、4日、2日ありました。
  • 三浦はさすがに気温が他の地域よりも高いですが、氷が年間を通じて張らないまでには至らないようです。
  • 札幌は真冬日がシーズン平均で52日もあって、さすが冬の王者ですね。
  • 関西の京都、奈良、大阪はくしくも真冬日が過去、1日だけあったようです。
  • 広島は関西よりも寒さが厳しいようで、意外でした。

本日は、ざっとこんなところでしょうか。ところで、長い気象観測の歴史の中で多くの地域で真冬日がほとんどなくシーズン平均で0.1日以下と、まあ興味もない人がほとんどではないかと急に気付かされる思いもしました。でも一方で、調査範囲が15地域と少なく、東北は信州に比べてどうか、などと私としては興味が再燃してきた感もします。また、今回の一連のデータ集計で彷徨ったことなど、今後も続報したと思っています。

カテゴリー: 挨拶 | コメントする

真冬日、過去問題(その2)

今日の安曇野・穂高は日照時間が0で、雨量としては少なかったものの終日、雪まじりの天気でした。積雪はほんの数cmです。右の表が本日の現時点までの気象データで、ほぼ零下でしたが最高気温は0.2℃となり、先日と同じようにジャスト真冬日から救われた1日でした。先日は安曇野穂高の真冬日について、過去のデータを調べて投稿しました。今日の天気でまた思い出し、今回はその続報を考えました。安曇野穂高の真冬日だけでは独りよがりなので、全国各地ではどうか、と考えています。と言っても、まずはデータを採取するところから始まるわけでして、今日はその準備として、例のPythonのプログラム言語を用い穂高を含めて、全国15箇所の気象フルデータを気象庁のHPからダウンロードしました。集計した地域は当ブログを見てくださっている方を念頭に選びました。下の画像は格納したExcelのファイルで各地のワークシートを切り取った画像です。この画像をクリックすると、このExcelファイルがダウンロードできますので、ご興味ある方はクリックしてみてください。ただ、主要都市のデータは各々が1875年を起点とした5万行以上もあってファイルサイズは61MB相当となり、ダウンロード後にこれを開くのも1分はかかるかと思いますので、ご承知おきください。

さて、題記の過去問題の予習です。上記のExcelファイルを元に以下のような設問を考えています。

  • 首都圏で東京、横浜は長い140年以上の歴史の中で真冬日はあったか?
  • 真冬日本家の北海道、札幌はさぞかしながらも真冬日の実態は?
  • 昨今、豪雪で荒れ狂った日本海側の主要都市と信州では真冬日がどちらが多いか?
  • 三浦半島の温暖さは如何ほどか?
  • 関西や名古屋、広島は真冬日があったのか?
  • そして、226事件は雪の中、寒さはどうだったか、そしてデータはあるのか?

等々、いろいろと面白そうですね。回答は後日、投稿したいと思っています。お急ぎの方は、上記のExcelファイルでデータ解析してみては如何でしょうか。

カテゴリー: 挨拶 | 2件のコメント

スマホ、iPhone12miniに変更しました

昨年秋に発売となったiPhone12ですが、本日、auショップに行って機種変更してきました。今日が iPhone12 miniのデビューです。下の写真が新旧を比較したもので、左が今まで使用してきた第1世代 iPhone SEで、新型は横幅と厚みは従来と同レベルで少し縦長になったのが特徴でしょうか。色は5色の中で赤を選びました。青か赤かさんざ迷ったのですが、Youチューバーのセトッチが断然赤を気に入っていたので、思い切って真似てみました。データ移植はお店ではなく、自分でやらなくてはならず、結構手間がかかりました。電話、メール、住所録などは直ぐに復元できたのですが、クレジットやPayPayなどの決済を伴うようなアプリやLINEの引継ぎはちょいと悩みました。まあ、無事移植ができて一安心です。使い心地は従来品も同じバージョンのOSだったので大きな差は感じてませんが、しばらく操作勝手の確認等にハマりそうです。まあたらしく面白そうなことに気付きましたら、別途ご報告します。

カテゴリー: IT/PC/HP関連 | コメントする

トランプゲームでレベル100達成

先日紹介したWindows パソコンのトランプゲームですが、本日ようやっと5種類のゲーム全てがレベル100に到達しました。記念に一番右のゲーム「TriPeaks」でレベル100を達成した時の様子を動画として録画しましたので、下の画像をクリックして再生してみてください。ド派手な花火が打ち上がりました。めでたし、メデタシです。

カテゴリー: IT/PC/HP関連 | コメントする

真冬日、過去問題

昨日の安曇野・穂高は終日、零下の真冬日でした。今日の現時点までの気象データが右の画像で、時刻毎の気温は全て零下でしたが、最高気温は12:09にプラス0.2℃となり、2日連続の真冬日は絶たれました。この真冬日、過去はどんなだったか調べてみました。穂高の気象庁の気象データは1980年以降の観測となっていて、この41年間の各シーズンの真冬日の発生頻度は以下のグラフの通りです。今シーズンは先月が2回、そして昨日と既に3日間となっています。過去には、1980年度が33回と一番多く、全体平均は5.7日でした。連続真冬日の最長記録は5日間で、1980、1983、1989の各年度で観測されています。近年では3年前の2018/1/24〜1/26まで連続3日間の真冬日がありました。この41年間の傾向では、当初の5〜6年は真冬日の頻度が多く、その後は比較的落ち着いて多くても4〜5日と言ったかんじでしょうか。今シーズンは既に3日間の真冬日で、この先まだありそうな気配です。ご参考まで、安曇野・穂高の過去の最低気温は -17.1℃、最高気温の最低は-5.5℃でした。

カテゴリー: 挨拶 | コメントする

マルク・デュガン「透明性」を読んで

松本の図書館の新刊コーナーで見つけ、年末年始にかけて読んだ。フランスの現代作家が今から約50年後の世界を描いたSFめいた近未来小説だ。地球温暖化が進み生物の種を次々に絶やし、やがて人類も滅びようとしている時にデジタル化の進んだAI技術で個人データを吸い上げて鉱物からできた身体に移し替えて分身として蘇らせ、不死の世界を開拓した主人公の全世界を相手にした生き様が描かれている。最近話題となっているトランスヒューマニズムやアバターをモチーフにした感の小説だが、不死の実現のセンセーショナルで政界、宗教界のトップがうろたえ、これと渡りあった主人公が新たな神の出現の如く扱われて、読んでる途中から結末が気になった。近未来社会に蔓延する諸問題を浮き彫りにし、現代社会にも警鐘を鳴らしたが如く思われた本作だが、最後のトリックで少し興醒めの思いがした。そして、現実化しなかったトランプ政権の再選後の悪政やプーチン大統領も97歳での現役逝去などと過去事象として紹介されていて、名誉毀損の提訴もあり得るような書き振りに何もそこまでの感がした。

カテゴリー: 読書 | コメントする

忍び寄るコロナ

年末年始、ここにきて新型コロナの感染者が急増し本日は東京都で一気に2,447人となりました。そして夕刻には1都3県の緊急事態宣言が発令されました。毎日記録更新する凄まじさ、これはまだ前触れなのでしょうか。下の記事はネットからコピペしましたが、長野県でも3日連続の過去最多で、79人の感染者です。我がまち安曇野も5人と、確実に忍び寄ってきた感がします。不要不急の外出は一段と控えるようなご時勢と相成りました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Windowsアプリ、 トランプゲームでレベル100に到達

昨年4月のブログにて新規購入したWindows パソコンで、ゲームアプリのトランプゲームにいそしんでいる旨、記しました。基本的には右上画像の5種類のゲームがあって、それぞれにチャレンジしてきました。そしてついに本日、真ん中のFreeCellのゲームで右下画像の通り、レベル100を達成しました。現時点での進捗経過を示すと、下の画像の如くです。他のゲームもレベルは96以上で、今週中にはいずれもレベル100までもっていこうと思っています。下画像で赤字の時間はそれぞれのゲームの平均所要タイムです。例えば、FreeCellのゲームでは1回のタイム平均が22分程度で、レベル100まで到達するのに、680回挑戦しました。つまり、このゲームだけで、トータル時間は244時間、丸10日間要したことになります。まあ、この9ヶ月間、よくやってきました。励みになったのが、各5レベル毎にタイトルが更新され、70レベルで「天才」と名が付き、あまりの嬉しさにその後のタイトル名を記録してきました。その結果が、画像下に示した名前です。さて、このトランプゲーム、レベル100でいよいよ卒業するか否か、ちょっと迷っています。まあ、コロナ下で貴重な安らぎの時でした。

70 :天才、 75 :マスター、 80 :スター、 85 :エース、 90 :チャンピオン、
95 :レジェンド、100 :グランドマスター1

カテゴリー: IT/PC/HP関連 | コメントする